So-net無料ブログ作成
検索選択
前の5件 | -

天津夜景 [日記]

X10F1413.jpg

今週は初めての天津出張でありました。
39階の部屋(バスルーム)から夜景を眺めるとちょっとセレブな気分に。

X10F1414.jpg

晩御飯を食べに行こうと外へ出たのはいいけれど、ホテル周辺は博物館や美術館、図書館や科学技術館といった文化施設ばかり。
上は銀河公園で見かけたカラオケ大会。
煌々と輝く街灯がスポットライトとなって盛り上がってます。

X10F1415.jpg

こちらはダンス。
上海をはじめとした都市部でよく見かける光景であります。


クソ暑かった先週の北京とは打って変わって何だか涼しい天津。
公園に集まる人民たちは一体どこから湧いてくるのか?
しかも皆さん自転車で来ているらしい。

大陸の庶民の足は自転車からオートバイ、オートバイから電動バイク、そして近頃では電動バイクから再び自転車が流行りらしい。
自転車はガソリンも充電も要らないから庶民にとっては有り難い乗り物。
スマホでシェアできる自転車もあり、必要な時だけ借りて乗り捨てできるのがミソ。


タグ:X100F
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:アート

清華大学 [日記]

X10F1371.jpg

久しぶりの北京出張であります。
クソ暑い中、大勢の観光客が来ています。

とにかく蒸し暑い!( ̄_ ̄;)こりゃたまらん

私も同行する二人の技術者もヘロヘロ。
ペットボトルの水は飲んでるそばから汗に変わってゆく感じ。
身体がビールを欲しているし、昼飯はまだだし・・・もう4時かよ。
というわけで、前面煤市街沿いにある「北京胡同烤鸭」になだれ込みます。

X10F1383.jpg

「北京胡同烤鸭」の烤鸭(いわゆる北京ダック)は一只168元(丸ごと一羽2,800円也)
最初に本体、後で頭と脚が出てきました。
燕京啤酒(燕京ビール)がこれまた旨い!
青島よりも濃くて、ひろネコ好みであります。

X10F1384.jpg

二日目、訪問先は泣く子も黙る清華大学であります。
門前には受験生と思しき学生たちとその両親や爺さん婆さんが見学に。
あまりの多さに大学関係者以外は立入禁止であります。

X10F1387.jpg

公園のような大学構内を歩いてゆくと・・・おお、ありました。
清華大学機械工程系の研究室であります。

X10F1390.jpg

今回の訪問先は摩擦学国家重点実験室。
出迎えてくれた若い助手さんに「C博士在吗?」(C博士はいらっしゃいますか?)と訊いたら「我就是C的」(私がCです)と言うのでビックリ!
“博士”だからてっきり威厳のある年配の人かと思ったら、何と33歳という若さ!
しかもなかなかのイケメン!

清華大学は中国の大学ランキングでは北京大学とトップを争う超一流大学。
その大学の博士と一緒に仕事ができるとは光栄の極みであります。
いやぁ、握手をする手に思わず力が入ってしまいました。

X10F1395.jpg

朝10時から午後4時まで昼食を摂るのも忘れて打ち合わせ。
お互い腹ペコなところで昼食とも夕食ともつかない食事は四川火鍋。
山椒の「麻」(Ma)と唐辛子の「辣」(La)で汗ダラダラ・・・( ̄▽ ̄;)
C博士が留学していた日本の東大の話など聞きながら、あっという間に2時間経過。

X10F1398.jpg

最後に出てきたのはC博士オススメの・・・さて、何でしょう????






答えは、次回!



タグ:X100F
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:アート

晩夏 [日記]

L1000210.jpg

ベランダを「じーっ」と見つめる我が家の五月(メイ)

L1000221.jpg

その視線の先には片羽がボロボロになったアブラゼミが一匹。
水たまりで身動きもせず。

雨ばかりだったこの夏もそろそろ終わりかな。


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:アート

飯田線・最終列車 [ぶらり旅]

L1000070.jpg
ここはJR飯田線の伊那市駅。
呑み屋を出た時刻は23:00なので、辛うじて最終列車(23:06)に乗れそうです。
と思ったら、なかなか来ない( ̄◇ ̄;)まさか終電逃したか!?

L1000072.jpg
駒ヶ根行き(上り線)のホームには人影はなし。

L1000082.jpg
10分ほど遅れてやってきた辰野行きの最終列車(211系)
危なかったぜ、ふい〜っ。(= ̄o ̄=)

L1000086.jpg
車内には乗客の姿がポツリ、ポツリ。
無人駅が多いので、車掌さんはその都度巡回します。

L1000090.jpg
時刻は24:05、終点の辰野駅に到着。
すでに岡谷方面、塩尻方面への列車は終了してます。
みなさん、今日も一日お疲れさまでした。

L1000093.jpg

JR飯田線は長野県の辰野と愛知県の豊橋を結ぶ全線195km(計三区間)のローカル線。
94駅のうち、ニャンと78駅が「無人駅」で、絶景ポイント満載らしい。
これは秘境ヲタクにとって生唾モノであります。

参考までに、辰野発9:59に乗ると豊橋着が16:16。
そのまま豊橋発16:42に乗って引き返すと辰野着が22:36。
つまり、片道約6.5時間掛ければ日帰りの旅ができるのであります。

御用とお急ぎでない方は是非お試しあれ!


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:アート

安曇野・いわさきちひろ美術館 [ぶらり旅]

L1000181.jpg

お盆休みのある日。
たまには親孝行でもするか!ということで、朝っぱらからバさまを連れ出すことに。
途中で渋滞にハマりながらも安曇野へ。

L1000180.jpg

夏真っ盛り、一面に広がる田んぼには稲が実りはじめています。

L1000185.jpg

本日のお目当てはいわさきちひろ美術館。
前日から告げているにもかかわらず、道中で何度も何度も行き先を尋ねるバさま。
同じことを繰り返すのもアレなので、途中から「着いてからのお楽しみ!」に変更。

L1000186.jpg

せっかちなバさまは私とカミさんを置き去りにしてさっさと行ってしまう。
もっとゆっくり鑑賞すればよいものを・・・と思いつつ、はしゃぐバさまを放牧。
途中で心配になって私一人で探しに行ったがどこにもいない!

ヤバイ・・・まさかの徘徊!? っていうか行方不明!?
しかも、ここで見失ったら探すの大変。(館外へ出ていたらそれこそ見つからない)
兄貴にバレたら「二人揃って何してんだよ!」と怒鳴られるのは必須!とビビりつつエントランスに行ってみると、受付脇のベンチにチョコンと座っていた。
( ̄▽ ̄;)おお、いるじゃん!

L1000189.jpg

「あなたたちずいぶん遅いわねぇ」と言うので「そうかい?」と答えてみたものの、内心では「アンタが速すぎるんだろうがっ!」と叫ぶひろネコであります。
絵が好きなカミさんはまだまだ時間が掛かると思い、バさまを連れて売店へ。
アレコレ欲しがるバさまに「一つだよ」と言うと、今度は迷って決められない。
あとから来たカミさんに「ぶどうを持つ少女」のTシャツを買ってもらい大喜び。

帰り道で何度も何度も「今日は楽しかったわぁ。また来たいわぁ。」と言うので、
「良かったね」と相槌を打つと
「今日は楽しかったわぁ。また来たいわぁ。」と 何度も何度も繰り返すバさまでありましたとさ。

めでたし、めでたし。


明日から仕事だぁ!


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:アート
前の5件 | -