So-net無料ブログ作成

危機二髪 !? [アジア]

X10F0795.jpg
ボゴールのスタバにて

先々週に行ったインドネシアは日本からの直行便が取れなかったこともありますが、ジャカルタの到着時刻を日本からの直行便は韓国から来る装置メーカーのエンジニアと商社マンと合わせるために、ソウル経由のアシアナ航空を選びました。

ソウルのインチョン空港には定刻通り到着し、喫煙所で無事に合流。
昼食を済ませてから搭乗口へ向かおうとしたところでディレイのアナウンス。

なんだかなぁ・・・と再び喫煙所へ。

装置メーカーのエンジニアで韓国人のキムさんは韓国語の他に中国語も少しイケます。
韓国商社の営業マンで日本人のHさんは日本語の他に韓国語も英語もイケます。
日本商社の営業マンで日本人のひろネコは日本語の他に中国もイケますが、英語はかなり怪しい。
そんなわけで、キムさんとHさんは韓国語で、Hさんとひろネコは日本語で、ひろネコとキムさんは中国語で、というように三人同時に会話するのは基本的に無理で非常にややっこしい会話をするハメになるのですが、これが案外面白いのであります。

X10F0801.jpg
ボゴール夜景

ソウルからの出発が遅れたため、ジャカルタに到着したのは現地時間の夜22時30分。
VOAビザ(US$35.0)を購入してからイミグレを通過しようとしたら長蛇の列。
夜遅いとはいえ、係員が二人しかいないし、しかも遅い( ̄_ ̄;)

待ちくたびれていたドライバーにお土産を渡すと、眠い目を擦りながらジャカルタから車で約1時間ほどのボゴールに向かいます。

道中、インターネットのニュースを見ていたら、ニャンとソウルからの飛行機が飛ばなかったのは某国がブッ放そうとしたミサイルを避けるためだったようであります。

まったく、物騒な世の中ですなぁ。

以前同国がテ◯ド◯というミサイルをブッ放した時、長春へ向かうひろネコは成田空港で長春からの飛行機が飛ぶまでに8時間以上足止めを喰らったことがあります。
それに比べりゃまだマシですが、打ち上げるのは三尺玉の花火くらいにしていただきたいものです。

X10F0806.jpg
スカルノハッタ空港第三ターミナル

手違い間違い勘違いが重なってスッタモンダした装置のセットアップと検収が終わり、キムさんとHさんとひろネコはジャカルタから帰国の途へ。
とその前に、ジャカルタ市内の西の外れにあるラーメン屋でとんこつラーメン&餃子を食べてからスカルノハッタ空港へ向かいました。
韓国組のキムさんとHさんは行きと同じくアシアナ航空なので第一ターミナル。
帰りは日本への直行便が取れたひろネコはガルーダ航空なので第三ターミナル。

出発時刻は現地時間の23時25分で、羽田着は翌朝の7時15分。

リムジンバスでモトスミ邸に帰る途中、スマホでニュースを見ていたら、ニャンと!インドネシアを発つ日の夜9時頃、ジャカルタ市内東部で爆発事件が発生していたらしい。
「昨夜9時ごろって何してたっけ?」と思い出してみると、ジャカルタの博多ラーメン屋でとんこつラーメン&餃子を食べて店から出てきた時間ではあ〜りませんか!

いやはや、ターゲットがバスターミナルだったので助かったようなもの。
もしも空港だったら・・・あいや〜、考えるだに恐ろしい( ̄▽ ̄;)

近頃は世界中が物騒なので、海外出張も命がけであります。


タグ:X100F
nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:アート

nice! 4

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。