So-net無料ブログ作成
検索選択
哈尔滨(ハルビン) ブログトップ

圣索菲亚教堂 (聖ソフィア大聖堂) [哈尔滨(ハルビン)]

EPSN1134.JPG
聖ソフィア大聖堂は正教会の聖堂で、1907年に建てられたという。
ハルビンとロシア文化との関わりを象徴する建物の一つ。

EPSN1040.JPG
朝の聖ソフィア大聖堂。
景色が白く霞んで見えるのは大気中の水分が凍って霧のように舞っているから。

R0013001_01.JPG
持参した温度計を見ると-22℃。 早朝は-26℃を指していました。
肌に刺すような冷たさ。
吐いた息が眼鏡のレンズに凍りつきます。

EPSN1140.JPG 
午後のソフィア大聖堂。
まぁ、この寒いのに広場には大勢の観光客が。
こうして見ると威厳のある立派な建物です。
様子は違いますが、
学生の頃に何度も行ったニコライ堂(お茶の水)のクリスマス・ミサを思い出しました。

EPSN1141.JPG
歴史の重みを感じるレンガ造りの聖堂。
近づくと鳩がたくさんいるのがわかります。

 

R0013037_4.JPG 
聖堂の中は「ハルビン市建築芸術館」になっています。
入場料は20元≒285円。

EPSN1147.JPG
真っ先に目につくのがこのシャンデリア。
内壁はかなり傷んでいるのがわかります。
この国はどこへ行っても文化財の保護がズサンだと感じます。(あ~もったいない!)
そういえば、この大聖堂にはステンドグラスがありません。

EPSN1149_1.JPG
シャンデリアの真下から。
残念なことにドームの天井が剥がれています。

EPSN1157_1.JPG
祭壇に相当すると思われる場所から。

100年前はここでロシア正教の礼拝の儀が静かに行われていたのだろう。
耳をふさげば、聖歌隊の歌声が聞こえてくるような気がします。

しかし現実は悲しいかな、
中国人観光客がドタバタと歩き回り、ガヤガヤと騒がしく、雰囲気ブチ壊し。
「聖なる場所」の面影すら残っていないのは何とも遺憾であります。

 

今夜の曲はバッハの無伴奏チェロ組曲。
演奏はあの偉大なムスティスラフ・ロストロポービッチ。
教会の静寂さの中に響くチェロは哲学的瞑想の世界。

この国の騒々しさを忘れて、静かに眠りたいと思います。 

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

本日の天気: 薄らぼんやりの晴れ
最低気温: -24℃
最高気温: -17℃

 


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:アート

ああ、中国テンコ盛りの高速鉄道 [哈尔滨(ハルビン)]

昨年12月1日に開業したばかりのハルビン-大連の高速鉄道。
通称「哈大客运专线」(ハルビン大連客運専線)。
全長は約900km、平均速度300km/hで、従来9時間かかっていたところが
3時間になるとか!?(@_@;)ホントに?

例の事件以来、「走るX桶」と呼ばれ、
中国人でさえも「太危険了!」(チョ~危ない)と乗りたがらない高速鉄道。
まぁ、不名誉な事故を起こしたからといって速攻で穴掘って埋められちゃうようでは
そう呼ばれても仕方がないでしょうな。(亡くなった方の御冥福をお祈りします) 

で、今回のハルビン行きはその「走る棺X」に命懸けで乗り、人柱になってきました。
乗車区間は長春-ハルビンで片道約240km。
所要時間は片道約1時間半。

「オカラ工事」で有名なMade in China。
一応、冬場は自主規制で最高速は抑えているそうですが、
それでも実際、零下25℃の雪原を200km/hオーバーで突っ走るわけですから
架線は切れないんだろうか?ポイントはちゃんと切り替わるんだろうか?
ドアは閉まっているんだろうか?運転手は居眠りしていないだろうか?
などと考えだしたらとても平常心では座っていられません。
きっと何かあったら極寒の大地に埋められちゃうんだろうなぁ……
いっそのこと年老いた母に「先立つ不孝をお許しください」と
一筆書いておいた方がいいかもしれないとマジで思いました(爆)

まぁ結果として、それが取り越し苦労に終わったから
今こうして無事にキーボードを叩いているわけですが、
だからといって「大丈夫だから皆さんもどうぞ!」とは口が裂けても言えません。

 

出発の朝、長春(北)駅に向かう亜泰大街はアイスバーンで想定外の大渋滞。
「兄弟、こりゃ間に合わないかもしれないよ」とタクシーの運転手は言う。
「高鉄で天国へ行くくらいなら乗り遅れた方がいいかも」と私。

そして長春(北)駅到着したのは出発時刻の10分前。
これは微妙なタイミング。
乗るべきか、乗らざるべきか、それが問題だ!

入り口でセキュリティー・チェックを受けてからバカっ広い構内をキョロキョロ。
「ハルビン行きのお客さ~ん、間もなく発車ですよ~!」と叫ぶ駅員さん。
「乗りま~す!乗りま~す!」と手を振りながら走る私。
「快点!快点!」(早く!早く!)
改札を通過して、階段を駆け下り、4号車に乗り込む。

ハァハァゼェゼェ……

 

駆け込み乗車した列車は暖房が効き過ぎてムレムレ
三人掛けの隣のカップルは人目をはばからずアツアツ
満員御礼の車内は日本の新幹線と違ってガヤガヤ
どんだけニンニク食べたのよ?というくらい口臭を撒き散らす兄チャン。
豆乳と思しき白色の液体をブッこぼす姐チャン。
全席禁煙なのに平気な顔してタバコ吸ってるオッサン。
バリバリボリボリとヒマワリのタネ食ってるオバチャン。
発狂したかのように叫びながら車内を駆け回るクソガキ。

ああ、どこへ行っても
中国テンコ盛り
orz


誰か、なんとかしちくり~っ!

\( ̄▽ ̄;)/もう、イヤッ!

R0012912.JPG 
往きの切符。
8時10分発ハルビン西駅行きD1381の4号車で座席は9Aの普通指定席。
人民元で74元≒日本円で1053円。
「安い」と言えば確かに安い。
しかし、安かろう危なかろうの不安が……

EPSN0824.JPG
長春駅を出るとあっという間にこんな景色。
これがそのうち真っ白な雪原となり、1時間半後にはハルビンに到着。

EPSN0827.JPG
ハルビン西駅にて。
これが噂のCRH5型車両の「和諧号」。
フランスのTGVの技術かと思いきや、ベース車両はアルストム社のETR600だとか。

R0012918.JPG
列車から降りて改札へ。 とにかく広い!
で、ピッカピカの最新自動改札機が壊れて出口は大パニック!!!!
さすがチャイナ・クォリティー、期待を裏切りません。
 

EPSN0828.JPG
ハルビン西駅の駅舎。
空港かと思えるほど大きいです。

EPSN0838.JPG
ハルビン西駅を正面から。
ローマのコロッセオみたいだと思いません?

EPSN1026.JPG
こちらは市の中心部にあるハルビン駅。
モダンな高速鉄道よりもディーゼルや電気機関車がけん引する方が中国らしくていいような。

R0012997.JPG
夜のハルビン駅前。
氷祭りの時期なので、駅前にも「氷灯」(Bin Deng)が展示されていました。

EPSN1167.JPG
再びハルビン西駅。

EPSN1162.JPG
ハルビン駅とハルビン西駅を結ぶ路線バス「96路」。
この車両はピカピカの新車で、この日(1月1日)がデビューだったそうです。
運転手さんは御機嫌で、「歓迎再来!」と手を振ってくれました。

EPSN1175.JPG
ハルビン西駅の構内。
ど~です、体育館みたいで広いでしょう?
こんなにする必要あったんですかねぇ?
天井が雪の重さで潰れたりしないんでしょうか?

R0013027.JPG
帰りの切符。
18時6分発大連行きD1362の3号車で座席は10Fの普通指定席。
往きよりも0.5元だけ安く、人民元で73.5元≒日本円で1046円。
往きは吉林発だったので長春(北)駅発でしたが、
帰りは大連着なので長春西駅に停まります。

R0013029.JPG
改札の前でひと眠り。 ややお疲れのひろネコです。 (GRDⅢでセルフ・ポートレート)

EPSN1179.JPG
帰りはドイツ・シーメンス社の技術を基に作られたCRH3型車両。
例の事故ったヤツです。
「問題はすべて解決済み」と豪語しているそうですが……大丈夫なんだらうか?

EPSN1180.JPG
同じ車両を後方から。
後は長春へ帰るのみ。

到着は19時30分、無事に帰れて良かったぁ!


長くなりましたが、これで中国テンコ盛りの高速鉄道の話はおしまいです。

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

本日の気温
最低: -26℃
最高; -12℃

 


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:アート

氷雪大世界(ハルビン氷雪祭) その3 [哈尔滨(ハルビン)]

072_冰雪大世界.JPG
氷雪大世界の第三弾は雰囲気を変えて。
メルヘンチックな童話の世界という感じで如何でしょう?

062_冰雪大世界.JPG
スローシャッターで流し撮り。

065_冰雪大世界.JPG
最後はお気に入りの一枚で。

皆さま、「冰城・哈尔滨」の氷雪大世界は如何でしたか?
私自身、凍てつく寒さも忘れて魅入られてしまいました。
その感動をお伝えするのに私の写真ではおそらく足りなかったのではないでしょうか?
だとしたら、やはり一度は皆さまにも観に行っていただくしかないですね。

P.S.
ハルビンの写真は後日改めてアップしたいと思います。 

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
本日の気温
最低: -23℃
最高: -17℃

朝はフワフワの綿雪、午後からはサラサラの粉雪。
明日の朝、白い絨毯を敷きつめたような真っ白な世界が広がることを夢見て。

今夜の曲はショパンのバラード第一番Op.23。
演奏は巨匠アルトゥール・ルービンシュタイン。
誰よりも男気に溢れた名演だと思います。

 


nice!(1)  コメント(2) 
共通テーマ:アート

氷雪大世界(ハルビン氷雪祭) その2 [哈尔滨(ハルビン)]

069_冰雪大世界.JPG
氷雪大世界の第二弾。

059_冰雪大世界.JPG
冷たくも美しい光に溢れています。

060_冰雪大世界.JPG
氷像の中を覗くと照明用のLEDがこんな風に設置されてます。(けっこう進んでます!)

067_冰雪大世界.JPG
「月の~♪ 砂漠を~♪」と口ずさみたくなりますが、
ここは泣く子も黙る氷の世界なのです。
う~っ、ト*レに行きたくなってきた _(゚▽゚*) ひぇぇぇぇぇ~っ!

070_冰雪大世界.JPG
観光客の歓声に耳をふさぐと神聖な気分に。

こんな夜はリムスキー=コルサコフの交響組曲「シェエラザード」がよく似合います。
演奏はキリル・コンドラシン指揮、アムステルダム・コンセルトヘボウ管弦楽団で。

そしてキミが僕の傍にいて遠い国の物語を聞かせてくれたら……
では、おやすみなさい。 


つづく


* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
本日の気温
最低: -23℃
最高: -11℃


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:アート

氷雪大世界(ハルビン氷雪祭) その1  [哈尔滨(ハルビン)]

064_冰雪大世界.JPG
お待たせしました。
哈尔滨の冰雪大世界です。

私が訪れたのは大晦日の晩。
そして「ハルビン氷雪祭」の正式な開幕は本日、1月5日です。 

049_冰雪大世界.JPG
極寒の地ならではの「氷の祭典」。
このクソ寒いのによくぞ作ったなと思います。

061_冰雪大世界.JPG
まるで童話の世界。

071_冰雪大世界.JPG
月明かりも手伝って幻想的な光景です。

075_冰雪大世界.JPG

初めて見る氷雪大世界にすっかり魅了されました。
でも、とってもとっても寒かったです……ずずっ(鼻水)


つづく


* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

本日の気温
最低: -20℃
最高: -15℃


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:アート
哈尔滨(ハルビン) ブログトップ