So-net無料ブログ作成
検索選択

従北京到上海 [北京]

L1001529.jpg

北京での仕事を終え、北京南駅から上海へ。

 

L1001544.jpg

高速鉄路CRHの一等座(一等席)では飛行機並み(!?)にお菓子と飲み物が支給されます。

往きの列車では料金を取られるに違いないと思い込んでいた小市民なひろネコ。
せっかく勧めてくれた客室乗務員に「不要!不要!」(要らない!要らない!)と言って
断ったことを今さらながら後悔しています(笑)

 

L1001556.jpg

高速鉄路CRHの一等座には乗客の眼を癒すためにこんなオブジェも置いてあります(嘘)

 

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

今夜は久しぶりにブルックナーを聴いてみようと思います。
曲は交響曲第4番変ホ長調 『ロマンティック』(ノヴァ―ク版)。
演奏はカール・ベーム指揮のウィーン・フィルハーモニー管弦楽団。
巨匠ベームが左手の人差指で「静かに」と合図している写真で知られる1973年盤。

もちろんワルター&コロンビア交響楽団の雄大な演奏もすばらしいのですが、
究極の選択を迫られたらベーム&ウィーン・フィルの流麗な演奏を選ぶひろネコです。

 


タグ:LEICA X2
nice!(2)  コメント(1) 
共通テーマ:アート

万里の長城 (金山嶺長城) [北京]

L1002503.jpg 

金山岭長城(Jin Shan Ling Chang Cheng )は北京市内から約130km、
河北省承徳市(Cheng De Shi )と北京市密云县(Mi Yun Xian)との境界に跨る
海抜700mの燕山支脈に沿って建設された全長10.5kmの長城。

L1002531.jpg

L1002528.jpg

L1002534.jpg

L1002591.jpg 

「不到長城非好漢」(長城に行かぬは男じゃないぜ)と言ったのはかの毛沢東さん。
「幾多の困難を乗り越えてこそ男である」という中国男子の美学。
近頃は一人っ子政策のおかげで“小皇帝”などと呼ばれるようになった中国男子たちは
果たして長城に到達できるのだろうか?

L1002571.jpg

L1002621.jpg

L1002579.jpg

L1002537.jpg 

晩秋の金山岭長城。
空はどこまでも澄み渡り、太古の歴史が風で漂う。

現存する長城は約8,800km。
そのうちの約3,000kmが“万里の長城”と呼ばれている。
その起源は紀元前657年、春秋時代にまで溯ると言うから気の遠くなるような話。
数百年の後、各々建設された城壁を一つに繋げたのが秦の時代、
紀元前221年に中国を統一した始皇帝。
さらに、明の時代には全長約6,700kmの長城が完成。
華里で10万3千里にもなるため“万里の長城”と呼ばれるようになったとか。

师傅(運転手さん)曰く、「到底怎么做的!」(いったいどうやって造ったんだろう!) 
確かに、途方もないことだ。

L1002606.jpg

L1002601.jpg

L1002518.jpg

L1002608.jpg 

観光シーズンを終えた長城には数えるほどの人。
紅葉の盛りであれば、おそらく賑やかに行列ができていたことだろう。

こうして北西の風に身を晒していると、
まるで時代が逆戻りしたかのような寂寥感を覚えずにはいられない。

どこまでも澄み渡る空、ゆるやかに流れゆく雲、彼方へと続く長城。
時が経つのも忘れ、ただそこに立ち尽くす。

L1002588.jpg

L1002582.jpg

L1002509.jpg

L1002517.jpg

太古から続いた戦乱の世。
争い事の絶えぬ日々の中で長城が守ろうとしたものは何か?
まもなく冬を迎えようとするこの地で長城は問い続ける。 

L1002585.jpg

L1002623.jpg

L1001483.jpg

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

さて、今夜の曲は武満徹の『ノヴェンバー・ステップス』(琵琶・尺八とオーケストラのための)。
演奏は鶴田錦史の琵琶、横山勝也の尺八、小澤征爾指揮のサイトウ・キネン・オーケストラ。
晩秋の大地と悠久の時に想いを馳せるには相応しいかと思います。 

 


nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:アート

北京烤鴨 [北京]

我在北京。
只今、出張中のひろネコであります。


近頃遅れまくりの飛行機を避け、上海紅橋駅から高速鉄道に乗り、いざ北京へ。

001_上海紅橋駅.jpg 

PM2.5 で死ぬんじゃないかとビビッていたのに、来てみればアッケラカランとした晴れ空。
意外と普通じゃん!

で、普通じゃなかったのが高速鉄道CRH和諧号。
右のお尻の居心地が悪く、身体全体が右に傾いてる気がっ???

怪しい…… と思って立ちあがって振り向くと、シートの右側が陥没!?

002_シートの凹み.jpg 

もしかして、外れてるのかな?と思って持ち上げてみると、
シートの下を支えるアルミ板の高さと左尻の下の部分に相当する位置にあるアルミ板
(シート回転用のワイヤーのカバー)の高さが、一致していないじゃないか~っ!

003_出っ張ってるじゃん!.jpg 

で、総合的にどんな座り心地かというと、
まず、右尻が極端に低く、次に左尻が妙に浮いた感じ。
さらに右の腿が妙に落ち着かず、左の腿が釣り上げられた感じ。
その結果、列車が真っ直ぐに走行しているにもかかわらず、
身体全体が常に右に寄り掛っているような状態。

いやぁ、落ち着かないったらありゃしない(爆)

004_斜めってるシート.jpg 

「この席、傾いてるんで他の席に移ってもいいですか?」と訊くと
「中国国家鉄道法の規定により指定されて席以外には座れません」と車掌さん。( ̄◇ ̄:)

おお! さすが中国、法律は厳格!

ところで、シートの仕様や品質に関する規定は中国国家鉄道法に存在しないのかな? 

傾いたまま走り続けるCRH和諧号(いや、傾いているのはアタシ)の最高速度は302km/h。

005_最高時速302km.jpg 

終点の北京南駅までの所要時間は5時間。
シートさえ傾いていなければ快適な旅でした。

006_北京南駅に到着したCRH.jpg 

 

北京二日目の今日、タクシーで天安門広場の前を通過しました。
「万里の長城に登らず天安門をくぐったことない人は中国人に非ず」
と言われているかどうかは知りませんが、相変わらず観光客がドヤドヤと盛況でした。

008_天 安 門.jpg 

さて、今夜は北京分公司の皆さんと御食事会。
本日は中国に住んで13年目にして初めて「北京烤鴨」(BeiJing KaoYa )=北京ダックを
食べました。
なかなか美味しかったのですが、
骨と爪を撤去した「鴨脚」(鴨の足先)をワサビ醤油で食べるというグロい食材の印象が強烈で
あまりよく覚えていません(泣)

009_北京鴨.jpg

 


タグ:LEICA X2
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:アート