So-net無料ブログ作成

さらば南通 [南通]

DSC00803.jpg

いよいよ明日は帰国であります。
つまり『ひろネコの館・南通編』は本日を以って最終回であります。

2001年から数えて約15年間に渡って世界をタマに駆けてきた男・ひろネコは
世界(!?)のどこへ行こうとも光学に関わる仕事しながら、あんな写真やこんな写真を
撮り続けてきました。
さて、次はどんな土地へ行き、どんな写真を撮るのやら。

皆さん、乞うご期待であります!(誰も期待してないってか!?)

「南通編」の最後に、南通の街と人々に「謝謝!」であります。
そして今後とも『ひろネコの館』をよろしくお願いいたします。m(_ _)m 

 

P.S.
南通老街でひろネコの股間を「ガッ!」と握ったおぢさん(※)、请您多保重啊!
有一天我再来南通的话我们一起喝茶吧!(いつかまた南通に来たら一緒に茶でも飲みましょう!)

 http://hironeko-photo.blog.so-net.ne.jp/archive/c2305413780-3

 


nice!(4)  コメント(4) 
共通テーマ:アート

春の宵 [南通]

FXT17040.jpg

ジャケットを羽織っただけで夜の街を出歩くにはまだ早い南通ですが、
久しぶりに濠南路から南大街にかけてぶらりと歩いてみました。

ライトアップされた濠河界隈を歩く人は疎ら。
この時期では遊覧船に乗る人もいないだろうと思いながら濠河に掛かる長橋の欄干に
靠れて「ボ〜」としていると、客のいない小さな船が一艘、赤い提灯だけを灯して
音もなく橋の下を通過していきました。

濠河に広がる波紋に街明かりが映り、それは蝶々の羽のよう。
Fujinon XF35/1.4R が醸し出す透明感、やはり現代のレンズですね。

気がつけば小雨が髪を濡らしています。
春雨じゃ、濡れていこう・・・連れがいるわけでもないくせに、風流を気取りながら
城南新村の文化住宅に向かってぶらぶらと帰るひろネコでありました。

 

P.S.
南通での仕事は残すところあと一日。
土曜日は掃除して、日曜日には上海から飛行機で東京へ。

 


タグ:X-T1 XF35/1.4R
nice!(4)  コメント(2) 
共通テーマ:アート

菜の花 [南通]

DSC01056.jpg

昼休みは会社の近くにある菜の花畑へ。
α7ⅡとHektor 135mm F4.5 を持って食後の散歩です。 

DSC01042.jpg

ぽかぽか陽気で菜の花は満開であります。
季節感と色彩感に乏しい南通ですが、郊外の畑は春真っ盛り。

DSC01060.jpg

M-E Mount アダプターをビゾ-E Mount アダプターと交換すると
こんな風に接写もOK!(60cmくらいまで寄れまふ) 

DSC01046.jpg

絞り開放では少しフレアっぽくなるところがメルヘンチックでまたよろし。 

DSC01077.jpg

久しぶりに晴れた空に黄色が映えます。

DSC01078.jpg

開放F値が4.5なので大ボケはしませんが、前ボケも後ろボケも自然な感じで Good!
あいや〜! 私、Hektor さんのこと・・・ますます好きになっちゃった♡
(Hektorという名称は設計者の愛犬の名前に由来するらしい)

 

やっぱ食後の散歩は気持ちいいにゃあ〜。 (=´〇`=)ふぁぁ
でも昼寝をしなかったので午後の仕事が眠くて眠くて・・・\(○`ε´○)こらっ! 

 


nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:アート

白色巧克力的秘密(ホワイトチョコレートの秘密) [南通]

DSC00920.jpg

「ぎゃ〜〜〜〜〜〜〜〜〜っ!」

と大声で叫んだのはいつも私の隣の席に座って仕事している南通人のBさん。

何事かと思って振り向くと、こんな o( ̄Д ̄o)な顔したBさんがワナワナと震える
両手で握りしめた白い物体入の赤い包を私の目の前に「ん!」と突き出しました。

をひをひ、仕事中にお菓子なんか食ってんじゃねぇよ!と咎めながら差し出された
白い物体を「じ〜っ」と眺めていると、もともと中国人女子特有の甲高い声を更に
半オクターブほど移調したような素っ頓狂な声で「你看一下、里面有・・・」
(ちょっと見て、中に・・・)と言ったきり、今こそこの世の終わりと言わんばかりの顔で
恐怖に慄いている。

「这是什么?是巧克力吧?那么不好吃啊?」(コレ何?チョコだろ?そんなにマズイの?)
「你看看,里面有虫子・・・啊啊啊啊啊!」(見て見て、中に虫がっ・・・あああああ!)

「哪里有啊? 我看不见啊!」(どこにいるのよ? 見当たらんぞぉ!)
「这里!这里!你看!动了!」(ここ!ここっ! 見て!動いた!) 

Bさんから赤い包を受け取ってから机の上に置き、カバンの中からα7Ⅱを取り出し、
Macro-Switar のピントリングを最短距離の28cmまでグルグル回して白い物体
(ホワイトチョコ)にピントを合わせてみました。

Macro-Switar は最短距離28cmでの撮影倍率が1/3倍なので小さな虫を目一杯に
拡大するのはちょっと無理。
そこでカスタムキー「C3」を押してピントを拡大。
そしたら見えてきました! ホワイトチョコの間から「にゅるにゅるにゅる〜っ」。

さて、ここからは虫嫌いの人は読んだり見たりしない方が幸せかも。
でも人には「怖いもの見たさ」という心理もあるので、ここから先はアナタの勇気と
自己責任で見てくだされ。

念のため、ターゲットは写真に書き込んだ赤丸の中にいますんで、よろしく。

では、小さなホワイトチョコに潜んでいた大きな秘密をコマ送り風でどうぞ!

 

DSC00921.jpg
うおぉぉぉぉぉぉぉぉ! コイツかぁ!

DSC00924.jpg
よよよっ、出てきた! 出てきた!

DSC00935.jpg
あああっ、仰け反ってるぅぅぅぅぅぅぅぅっ!

DSC00944.jpg
あいや〜、上に向かう気かぁ? 意外と長いぞぉ!

DSC00947.jpg
うんぎゃっ! いきなり向きを変えた!

DSC00949.jpg
おお〜〜〜い、どこへ行く気だぁ?

DSC00951.jpg
ああ、どんどん行ってしまうぅぅぅぅぅっ!

近頃あちこちで食品への「異物混入」が騒がれていましたが、まさか身近なところで
異物が混入しているチョコレートを「生」で見られるとは夢にも思いませんでした。

でも、この虫(幼虫!?)って、きっと最初からチョコレートの中にいたわけでなく、
卵の状態で混入していてチョコレートの中で孵化したんでしょうね。
ということは・・・卵のまま食べていたら、お腹の中で孵化して胃袋を突き破って
そのまま体内に寄生して、大きくなったら皮膚を突き破って出てきて、そのまま羽が
生えてどこかに飛んで行っちゃうんでしょうか?( ̄ロ ̄;)コワッ!
いや、胃酸で溶けちゃうから大丈夫か?
いやいや、胃酸で溶けるってことはそのまま胃から体内に吸収されちゃうってこと
なのでは?????
そしたら虫さんも身体の一部っていうか、タンパク質として栄養になるんですかね?

いやぁ、異物混入って怖いですねぇ。
では、サイナラ、サイナラ、サイナラ。(淀川さん風に)

 


nice!(3)  コメント(4) 
共通テーマ:アート

空気質量比較 [南通]

FXT17960.jpg

今日の南通市は朝から絶賛大気汚染中! v( ̄▽ ̄;)v イエ〜ッ!

FXT17962.jpg

7時57分に会社の4階からパチャリ!
普通の霧は白色ですが、微粒子たっぷりの霧はこのようにほぼ18%グレー( ̄_ ̄;)

汚染が比較的少ない日は画面右上にオレンジ色した太陽の姿がボワッと見えますが、
今日の太陽はあまりの酷さにお休みなんでしょうか? 影も形も見えません。 

FXT17962-2.jpg

上の写真を等倍で切り取り。
「煙っ!」 遠くがぜんぜん見えません!( ̄◇ ̄;)
こんなんじゃレンズの実写テストなんでできないよぉ(泣)

FXT17975.jpg

ひろネコの館ではお馴染みのスマホでわかる生活指数の空气质量。

本日15:56に環保部が発表した南通市生活指数の空气质量はレッドゾーンぎりぎりの
「228」で「重度汚染」。(レッドゾーンは300から)
今朝8:00に見た時は「243」だったので、夕方になってホンの少し良くなっただけ。

ちなみに中国語の「质量」は日本語の「重量」ではなく「品質」。
英語で言うところの「quality」を意味します。

「心脏病和肺病患者症状显着加剧,运动耐受力降低,健康人群普遍出现症状。儿童,
老年人和心脏病,肺病患者应停留在室内,停止户外运动,一般人群减少户外运动。」
とありますが、早いとこ何とかしないとみんな病気になっちゃうよぉ!

 

下の写真は三日前の2月9日17時02分に、同じく会社の4階から。

FXT17928.jpg

「な〜んだ、やればできるじゃないかぁ!」と言いたくなるほど、コンディションの
良い日は遠くまでよ〜く見渡せます。
ちなみに、この日発表の空气质量はグリーンゾーンの「43」で「良好」でした。 

FXT17928-2.jpg

こちらは上の写真を等倍で切り取り。
画面右上、ここから約3kmの地点にある造船所の赤いクレーンに書かれた白い文字が
読めるくらい遠くまで良く見渡せます。

 

 このみち〜は〜♪
 いつかきたみ〜ち〜♪

 あ〜あ〜♪ そうだよ〜ぉ〜♪

 にほんだ〜って〜♪
 おなじだ〜ったね〜♪

などと呑気に歌っている場合じゃありません!

 


タグ:X-T1 XF35/1.4R
nice!(4)  コメント(2) 
共通テーマ:アート