So-net無料ブログ作成
検索選択
ぶらり旅 ブログトップ
前の5件 | -

極上の蕎麦 [ぶらり旅]

あいや〜、すっかり御無沙汰していまいました(汗)
皆さま、お元気でしょうか?

このところ仕事が忙しくてテンテコ舞い。
しかも台風の影響とやらで雨ばかり。
V7 Raser には蜘蛛の巣が張り、カメラのバッテリーは干上がってる・・・
そんなこんなで欲求不満が溜まる日々。
着せ替え人形のようにレンズを取っ替え引っ替えしては部屋で遊んでます(泣)

で、近頃気になっているのが、Summilux 50mm F1.4 。
俗に「貴婦人」と呼ばれる1959年製の1st model です。
写真はまだ載せていませんが、6月と7月に使った時の、その繊細な写りをもう一度味わいたい!
しかしこの雨じゃ・・・
と思っていたところに、辰野ロータリークラブ(※)のFくんから電話がっ!

「ひろネコさん、蕎麦食べに行きませんか?」
「え〜、この雨ん中、どこ行くの?」
「開田高原っすよ!エイトくんでカッ飛ばせばスグです。」
というわけで男二人でRX-8 に乗り込み、いざ、権兵衛峠を越えて開田高原へ。 

DSC05867.jpg

ココがその蕎麦屋。
「時香忘」と書いて「じこうぼう」と読むそうな。 

DSC05864.jpg

門をくぐると木の回廊が続いてます。 

DSC05854.jpg

蕎麦屋というよりはオサレな洋食屋の風情。

DSC05832.jpg

外を流れる渓流の音が心地よいです。

DSC05848.jpg

木をふんだんに使った店内は落ち着いた大人の雰囲気。

DSC05835.jpg

DSC05845.jpg

ここの十割蕎麦は“オヤマボクチ”というアザミに似た植物の葉脈をツナギに使っているんだそうな。
しかも打ちたてのホヤホヤではなく、三日ほど熟成させたものだそうな。
その独特な風味は今まで食べた蕎麦とはひと味もふた味も違う・・・これは美味い!

食後に出てきたトロントロンの蕎麦湯の風味もまた格別。
いやぁ、至福の時であります。

 

あした天気にな〜ぁれっ! 

DSC05808.jpg

 

※ 13Bロータリーエンジンをこよなく愛するメンバーの集まりであります。

 


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:アート

行くに行かれぬ坂巻温泉 [ぶらり旅]

XPRO2520.jpg

坂巻温泉は槍ヶ岳の槍沢を源流とする梓川(中流は犀川)の谷間に隠れた秘湯中の秘湯。
秘湯好きなひろネコとしては昔から一度行ってみたかったのですが、地理的にとてもビミョ〜な位置にあるので「行くに行かれぬ温泉」のベスト10に入っていました。

何故なら坂巻温泉は長野県松本市から岐阜県高山市へ向かう国道158号線の梓湖の先、
上高地との分岐(釜トンネル入口)の少し手前、カーブとトンネルが連続する険しい道の、
トンネルを二つに分断している梓川の谷に掛かる橋の袂を「カクン」と曲がらないと行かれないという何とも絶妙な場所にあるのです。
『坂巻温泉』のバス停の存在に「あっ」と気づいた時には既に次のトンネルに突入!
しかもUターンできる場所が皆無なので「まぁいっか・・・」ということになりがち。
結局、その先の平湯温泉とか白骨温泉まで足を伸ばすというオチがついてしまいます。

XPRO2515.jpg

ここが坂巻温泉の入り口。
昨日は金沢からの帰り、高山方面から来たので『坂巻温泉』のバス停だけじゃなく、看板も見つけることができました。
もちろん、カーナビ(といってもスマホでGoogle Mapですが)のおかげもあります。
ただし、トンネルとトンネルの間=橋の長さは100m足らず。
60km/hで走っていたら、たったの6秒で通り過ぎてしまうので要注意であります。

XPRO2501.jpg

坂巻温泉の内湯。
コンコンと湧き出す透明な湯に白い湯の華が浮遊し、ほんのりと硫黄臭がします。 

XPRO2494.jpg

体と髪を洗い、ひと通り温まったところで露天風呂へ。
急な階段を降りてゆくと正面が殿方用で左が御婦人用。
ちなみに、殿方用は駐車場から丸見えです(笑)

XPRO2497.jpg

こちらは殿方用露天風呂。
週末なのに誰もおらず、貸切状態でした。
梓川を隔てた対岸の急斜面がグッと迫り、秘湯感満点です。

いやぁ、悲願達成ともいうべき坂巻温泉。
無色透明な硫黄泉は「清々しい」という感じの良いお湯でした。
一週間に渡る金沢合宿の疲れをすっかり湯に流し、元気ハツラツで帰還したひろネコでありました。

 


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:アート

犀川のほとりで春の陽を浴びる [ぶらり旅]

XPRO2366.jpg
犀川大橋

商務酒店の一階でGさんと仕事の話をしながら朝食を摂取。
彼は来週も続けて金沢で仕事なので私は一人で帰還します。
とはいえチェックアウトまでの時刻にはまだ早いし、春らしいポカポカ陽気なので、このまま帰るのはチト惜しい。
そこで、X-Pro2とLeitzの古いレンズを持って犀川の河原を散歩することに。

XPRO2383.jpg

いやぁ、何ともうにゃらかな週末の朝であります。 

XPRO2397.jpg

犀川は金沢市内を流れる延長約34kmの二級河川。(水源は金沢市南端の奈良岳)
同じ犀川でも長野県内を流れる犀川とは異なります。(水源は槍ヶ岳。途中、千曲川と合流して信濃川となる)

XPRO2402.jpg

ジョギングする人、サイクリングする人、ゲートボールするジィちゃんバァちゃん、
皆それぞれ、春の陽を浴びてノビノビしています。 

XPRO2407_f3.2.jpg

対岸には遅咲きの桜が満開。
ああ、気持いいなぁ♪
このまま昼寝(朝だけど)したいなぁ・・・おっと、その前にチェックアウトしなきゃ! 

XPRO2415.jpg

桜橋を渡ってから寺町を歩き、犀川大橋を渡って片町の商務酒店へと戻ります。
いやぁ、今回の出張はちょうど春真っ盛り、桜の時期に当たってよかったです。
任務は無事に完了したし、メデタシ、メデタシ。

帰りは高山から安房トンネルを抜けて、松本から裏道で塩尻、そして辰野へ。

XPRO2491.jpg

途中、高山で遅めの昼食を摂取した板蔵らーめん。 

XPRO2489.jpg

麺は細めの縮れ麺、スープは素朴な醤油味。
近頃流行りの“こってり系”や“濃厚魚介系”に慣れた人には「物足りねぇ!」かも。

 


nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:アート

夜の片町 [ぶらり旅]

XPRO2316-Edit.jpg

月曜日から五日間に渡る合宿が終わり、任務完了!
あいやぁ〜、辛苦了!幸苦了!というわけで、打ち上げは片町の川端鮮魚店へ。

XPRO2319-Edit.jpg

予約入れてますか?と訊かれてドキッとしましたが、時間が早かったので空席有り。
しかし30分もしないうちに満席となりました。 

XPRO2324.jpg

いやぁ、ここの魚はとにかく新鮮で旨い!
牡蠣は初めて食べるというGさんはコレハ オイシデス!と言いながらペロリと二つ。
ひろネコも手取川をちびちびとやりながら、旨いねぇ!を連発。
二人ともお腹いっぱいで大満足。

XPRO2333-Edit.jpg

スコシ サンポ シマセンカ?というわけで、長町界隈をブラブラ。 

XPRO2334-Edit.jpg

大野庄用水に沿った武家屋敷通りの石畳を夜風に当たりながら歩きます。

XPRO2336-Edit.jpg

仕事を終えた充実感と美味しいものを食べた満足感が混ぜこぜになっていい気分。 

XPRO2349.jpg

そして尾山神社へ。
さぁて、そろそろ商務酒店に戻って屋上の露天風呂にでも入りますか!
というわけで、金沢の夜は更けてゆくのでありました。
メデタシメデタシ。

 

P.S.
X-Pro2のモノクロですが、M Monochromと比べるとやや艶っぽい感じ。
第一印象としてはM Monochromは男性的、X-Pro2は女性的。
その日の気分で使い分けしたいですね。 

 


nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:アート

ヘクトールは魔術師!? [ぶらり旅]

XPRO1990.jpg

兼六園の桜をHektor 7.3cm F1.9 で撮ってみました。

Hektor は実に不思議なレンズであります。
特に絞り開放から一段絞った辺り。
何とも言えない柔らかい雰囲気を醸し出すのであります。

XPRO1967.jpg

二段絞ったときのスッキリとした描写。
桜の淡い色の再現もヨロシ。

XPRO2032.jpg

風に舞う花びら。
満開の桜もいいですが、散りはじめもいいもんです。

XPRO2034.jpg

はらはらと舞う桜の花びらが雪のようです。

XPRO2072.jpg

絞り開放でのこの描写はHektorならでは。
曇りの日でもこのようにフレアが掛かります。

XPRO2083.jpg

二段絞ると滲みが消えてスッキリしますが、Hektorの柔らかな描写は変わりません。

XPRO2117.jpg

上を向いて歩こう♪

XPRO2112.jpg 

最新のXFレンズもよく写りますが、Hektor には他のレンズには見られない独特の描写があります。
おそらくMTFなんか測定したら「なんじゃこりゃ?」というデータになるでしょう。
“性能”というモノサシで見たらダメなレンズかもしれません。
EVFでピントを合わせるにもフレアが邪魔してピントのピークがわかりにくいので、決して使いやすいレンズとは言えません。
でも、ツボにハマった時の写りには「ハッ!」とするものがありますね。

これを「ヘクトール・マジック」と言うのは少々恥ずかしいですが、このレンズには何か魔法のようなものを感じます。
コイツはもう、手放せませんね。 

 


nice!(3)  コメント(2) 
共通テーマ:アート
前の5件 | - ぶらり旅 ブログトップ