So-net無料ブログ作成

富士巡りツーリング [ぶらり旅]

X10F2021.jpg
本日の西伊豆スカイラインは絶好調!(仁科峠付近)

あいや〜、寒いのにバイクでどこいくの?と声を掛けてきたのは辰野邸の大家さん。

いやぁ、辰野は寒いので伊豆に行ってきます。
というわけで、昨日から行ってきました西伊豆。
本栖湖から朝霧高原にかけては曇っていて富士山の姿は拝めず。
裾野から沼津へ出て、修善寺を経て西伊豆スカイラインへ。

X10F1994.jpg
仁科峠付
戸田峠と仁科峠の間を3往復していたら、日没の時間。

X10F1983.jpg

東の空には月がポッカリ。
こりゃ、宿につく頃には真っ暗だな。

X10F2008.jpg

昨日の御宿、BB Roadの夕食はイノシシ鍋。(湯気でレンズが曇っちゃいました)

X10F2034.jpg
仁科峠
本日は快晴なり。
昨日は拝めなかった富士山が丸見え!

X10F2039.jpg

伊豆スカイライン(十国峠ー天城高原)と較べて全長は短いですが、クルマが少なくて走りやすいので昨日と同じく3往復。
戸田峠から県道127号線で西浦へ下り、そして沼津へ。

X10F2051.jpg
富士サファリパークの裏手、須走登山口までの道で。
裾野から富士南麓を横切ります。
昨日とはガラッと変わって快晴ですが、風が冷たっ!

X10F2067.jpg
須走登山口から
姿の美しい富士山ですが、見る場所によって微妙に変わるところがまたヨロシ。
この角度からだと宝永山の噴火口が抉れているので円錐形とは違いますね。

X10F2069.jpg
朝霧高原
富士山の西側、朝霧高原から見ると左右対照に近くなります。
空は快晴ですが、雲一つない富士が少々物足りないと思うのは贅沢かしらん。

X10F2072.jpg
本栖湖の夕暮れ
前景に湖があると良い風情。

日が暮れると一気に冷え込みます。
路面が凍結しないうちに辰野へ戻るとしましょう。

この二日間での走行距離は約670km。
V7 Racer はドコドコのんびり走るもヨシ、ドリュドリュ飛ばすのもヨシ。
どこまでも走れそうで、実に楽しいのであります。


nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:アート

Moto Guzzi V7 Cafe Racer(パーツ編) [自言自語]

Front View_XPRO4151.jpg
カスタマイズされたひろネコ V7 Cafe Racerですが、もしかするとV7オーナーにしかわからないくらい地味な変更かもしれません。
元々デザインの完成度が高いので、それを崩さずシェイプアップするのは難しい。
しかも独自のカスタマイズをしようとした場合、純正以外にアフターパーツの選択肢が少ないので尚更難しいのであります。(販売台数が少ないので仕方ないか)

Cockpit_XPRO4160.jpg
まずはコックピット周り。
オリヂナルと比べ、パッと見で異なるのはハンドルとフロントフォーク。

・ハンドル:Battle Factory Φ41mm用(バーエンドミラーとフォーク径に合わせて追加工)
・フロントフォーク:Matris FKE(プリロードアジャスター付スプリングキット組み込み) 
・ヘッドライトステー&メーターステー:カネバンさんが純正品を改造したワンオフ

写真ではわかりませんが、純正のライトステーを流用して切った貼ったの大改造。
ヘッドライトを50mmほど下げ、メータも50mmほど下げ、さらに角度を変更。
ハンドルを交換したことによりブレーキホースやクラッチワイヤーなどの位置や取り回しが変わるため、それらに干渉しないよう地味にスゴイ作りになっています。
ひろネコの無茶な要望に見事応えてくれたカネバンさんに感謝!!!

Cockpit_XPRO4081.jpg
如何です?
Battle Factory製のアルミ溶接された無骨なセパレートハンドルとフロントフォークの先端に付けられたMatris製のプリロードアジャスターが一際目を引きます。

ワンオフのステーにより、メーターの位置はトップブリッジの高さとホボ同じ。
しかも角度を起こしてあるので、低く伏せたポジションでも視認性はバッチリです。

Rizoma_XPRO4139.jpg
Rizoma製ティアドロップ型のLEDウィンカー「Club」。
EUのEマーク認証を取得しているので車検にも対応。 

Rizoma_XPRO4146.jpg
点灯させると美しく、視認性もバッチリ!
ついでにXF60/2.4Rの玉ボケも美しい!

Motone_XPRO4147.jpg
Motone製LEDテールタンプのEldorado。
レンズカットが素晴らしく、放射状に並べられたLEDが点灯すると美しく光ります。

Motone_XPRO4223.jpg
Motone Eldoradoはポリッシュ仕上げのアルミダイキャスト・ボディー。
精度よく加工されていて嵌合もピッタリ。
カネバンさんの拘りでステンレスのマイナスネジを使用。
頭がフラットで、「−」の向きも統一されています。

Mistral_XPRO4175.jpg
こちらはMistral製のスリップオンサイレンサー。(前から付けてますが、改めて。)
エキゾーストノートは最高!
DiMSport Rapid Bike Easyと組み合わせると2500rpm付近のモタつきが消えるので、一段高いギヤをキープしてスロットルを開けてもドリュドリュ加速します。

Right View_XPRO4208.jpg
「BIKE EXIF」というサイトの「How to Build a Cafe Racer」を参考にカスタマイズしたひろネコのMoto Guzzi V7 Cafe Racer。
その条件をホボ満たしています。

Right View_XPRO4193.jpg
お気に入りのアングルから。
低く構えたフロント周りとシンプル&スタイリッシュなリア周り。
必要最小限のパーツを使って満足のいく仕上がりとなりました。

Left Side_XPRO4204.jpg
シルエットも美しいV7 Cafe Racer。
サスペンションのセッティングもいい感じになって、走るのが楽しくて堪りません。

さ〜て、明日はどこへ行こうかな。


というわけで、再見!


nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:アート

Moto Guzzi V7 Cafe Racer [自言自語]

Right View_XPRO4187.jpg
ひろネコ・デザインでカスタマイズされた「Moto Guzzi V7 Cafe Racer」。
さて、オリヂナルと何処がどう変わったか、わかりますか?

Right View_XPRO4186.jpg
こちらから見ると、テール周りがスッキリ。

Rear View_XPRO4217.jpg
こちらはダブルシートにした時。
リアタイヤが剥き出しになってワイルドに。

Right View_L1000276.jpg
こちらはカスタマイズする前のV7 Racer。
(ゼッケンプレートのダヤンステッカー、サイレンサーとバーエンドミラーは既にカスタマイズ済み)

Right View_L1000277.jpg
同じくカスタマイズする前のリアビュー。
すでに完成されたオリヂナルのデザインですが、リアフェンダー周りが野暮な感じ。

Front View_XPRO4185.jpg Front View_L1000283.jpg
カスタマイズ後のフロントビュー                      カスタマイズ前のフロントビュー

ひろネコの少々無茶なリクエストに応えてくれたのは花小金井の青梅街道沿いある、モト・イタリアーナ西東京(カネバン)さん。
Battle Factry製のアルミハンドルをフロントフォークの径に合わせて加工しただけでなく、Halcyon製のバーエンドミラーを取り付けるために追加工。
トップブリッジの直下に取り付け、高さはより低く、幅はより狭く。
手を伸ばせばそこにハンドルがある・・・という絶妙なポジション。

カネバンさんに頼んで作ったワンオフのヘッドライトステーによってヘッドライトとゼッケンプレートの位置を50mmほど下げ、メーターの位置と角度を変更。
ウィンカーはコンパクトなRizoma製Clubに交換し、フォークブーツの撤去。

オリヂナルも悪くないですが、カスタマイズ後は更にスタイリッシュになった感じ。
カフェレーサー気分がさらに盛り上がります。

Rear View_XPRO4213.jpg Rear View_L1000281.jpg
カスタマイズ後のリアビュー                            カスタマイズ前のリアビュー

カスタマイズのアクセントとなるLEDのテールライトはMotone製のEldorado。
アルミダイキャストのボディーをポリッシュ仕上げしたもので、仕上がりは絶品。
このテールライトを付けたいがために何ヶ月悩んだことか・・・
カネバンさんが用意してくれたショートフェンダーをギリギリの寸法まで切り詰め、テールライトの取り付け位置をmm単位で吟味。
最後はテールカウルの後端をこれまた絶妙な形状にカット。
Rizomaのウィンカーとナンバープレートをワンオフのステンレス製ステーに取り付けてコンパクトにまとめました。
カネバンさん、このあたりのセンスはサスガです。m(_ _)m
(ナンバーの「00-00」はひろネコの戯れです)

Rear View_XPRO4233.jpg Rear_XPRO4206.jpg
ダブルシート装着時のリアビュー                       加工したテールカウルとショートフェンダー

もっとも苦労したのはテールカウル付のシングルシート仕様にしてもダブルシート仕様にしても似合うデザインにすること。
いろいろシミュレーションして、あ〜でもないこ〜でもないとスッタモンダして、ようやく完成!
オリヂナルよりもスタイリッシュになったと自画自讃してます v( ̄ー ̄)
モト・イタリアーナの太田さん、カネバンの三枝さん、ありがとうございます。

というわけで、詳細は次回に。


nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:アート

ホームコンサート [日記]

X10F1964.jpg

出張から帰った翌日の土曜日。
モトスミ邸で行われたホームコンサート。
ピアノの演奏はウチのムスコ。
普段は人前で演奏するのを嫌がるが、「バさまのために一曲弾いてあげなよ」と言って弾いてもらった。

あまり大きな声では言えませんが、バさまは2〜3年前に乳ガンを患いまして、手術で摘出したからまぁこれで安心かと思っていたら、どうやら肺に転移しているらしい。
いま通っている二つの病院のうち、一方の主治医が「もしかしたら年内に・・・」と縁起でもないことをおっしゃるのでカミさんとムスコに話したところ、いつどうなっても心残りがないように猫っ可愛がりしている孫のピアノでも聴かせてあげたらどうか?ということに。

X10F1948.jpg

プログラムは・・・何を弾こうかなぁとショパンの楽譜を何冊か持ってきたムスコ。
一曲目に選んだのは今年の発表会で弾いたバルカローレ(舟歌)。
「わぁ、ここ曲大好きなのよぉ!」と感激するバさま。
ムスコのことだからコレで終わりかと思ったら、続けてバラードの第1番と第4番。
(おっとスイッチが入ってしまった)
一息ついてノクターンの第2番〜第5番に第8番と第9番、そして幻想即興曲。
最後はスケルツォの第2番(気合い入れすぎて壊れたかも?)。

アンコールはドビュッシーのアラベスク第1番とショパンのエチュードOp.10-3。
「別れの曲」はマズイんじゃね?と一瞬思ったが、これはバさまのリクエスト。

X10F1959.jpg
演奏が終わった後のハグ

弾き込んでいるわけではないので演奏は褒められたものではないが、ノクターンを弾いている最中にバさまの目から涙がこぼれていた。
むかしからショパンが大好きだったバさまの中では脳内補正されていた(!?)というか、もしかしたら若かりし頃のあんなことやこんなことを思い出していたのかもしれない。

何はともあれ、バさまを招待してよかったであります。
忘れずにいてくれたら・・・いや、きっと心のどこかで覚えているはずと思いたい。


タグ:X100F
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:アート

2017年的第一場雪 [辰野通信]

XPRO4236.jpg

三日前の朝、この冬初めて雪がふりました。
落ち葉の上に薄っすらと雪が積もり、まるで絨毯のようでした。

辰野の冬はこれで三度目。
洗濯物を乾かすにはファンヒーターが要るけれど、それだけでは部屋が充分暖まりません。( ̄_ ̄;)なんだかなぁ
窓ガラスが二重になっていないせいだろうか? 床も冷たいし・・・
暖房が無かったら家の中でも凍死するんじゃないか?ってくらい冷え込みます。
やはりコタツを買わなければっ!


X10F1797.jpg

先々週は北京の清華大学・摩擦学研究室を訪問。

X10F1905.jpg
酒店の窓から、夜明けの街で唯一灯る「住宿」のネオン

そして次の週は広東省東莞市にある台湾系のレンズメーカーで装置のセットアップ。
東莞市の中でもここ常平は10年前と比べて何だか寂しくなってしまいました。
高層マンションは部屋の明かりが灯っているパッと見で全体の10分の1くらい。
通り沿いの低層アパートはほとんど真っ暗。
90年代後半に建てられた比較的古い工場は廃墟になったところが増えました。
廃業したのか?それともどこかに移転したのか?
住居も工場も地代が10年前の10倍くらいに高騰したから維持できないのかなぁ。
相変わらず栄枯盛衰の激しい大陸であります。


nice!(3)  コメント(2) 
共通テーマ:アート