So-net無料ブログ作成

あの頃の気分で [ぶらり旅]

X10F1597.jpg
西湘バイパス / 国府津・湘南PA 

週末、夜学の講義は21:00に終わる。
他の学生たちがこぞって夜の街へ繰り出してゆくのを余所目に、僕らはフルフェイスのヘルメットと革のグローブを手にして大学脇の路地へ向かった。
コンパに行く気などサラサラ無く、好きな子はいてもデートには誘わない。
バイクの魅力に取り憑かれていたせいで、とにかく週末は自由に走りたかった。

TはCB750F(FA)、僕はRZ250R。
九段下から青山通り(国道246号線)→環八→第三京浜を経て保土ヶ谷PAへ。
ここから鎌倉へ出て湘南を流すか、小田原へ出て箱根や伊豆の峠を攻めるか・・・
コーヒーとタバコで一服しながら、その時の気分で決めていた。
今から30年も前のことだ。

X10F1589.jpg
西湘バイパス/ 国府津・西湘PA

時はすっ飛んで先月の連休のこと。
第三京浜から横浜新道、そして西湘バイパス。
あの頃と同じルートを通って小田原の早川へ。
途中で国府津の湘南PAに立ち寄るのは習慣みたいなもの。
海風に吹かれながら、今はいるはずのないブルーのCBを探す自分がいる。

国道135号線の渋滞を避けるため、ターンパイク経由で伊豆スカイラインへ。
そういえば、ブルーのCBはいつも僕をリードするように前を走っていた。
現役で夜学に入った僕と二浪したTとでは歳が二つ離れていた。
単なるバイク仲間という風でもなく、親友と呼べるほどでもなかったが、週末になるとどちらからともなく誘っては一緒に走っていた。

X10F1615.jpg
大沢温泉近くにある宿・BB Roadの看板

伊豆半島の尾根を豪快に貫く伊豆スカイラインは貸切状態。
前日にリアサスのプリロードを調整したおかげで倒し込みが軽くなり、縦置きVツインのアクセルを捻ると以前よりも旋回力が増して気持ちが良い。
気がつくと結構なペースで走っていて、冷川ICまであっという間だった。

杉の木で鬱蒼とした県道59号線に入り、狭くてタイトな国士峠を越えて湯ヶ島へ。
国道414号線で天城から河津を経て下田へ出ると、一旦引き返してから県道115号線で大沢温泉近くの宿・BB Roadへと向かう。
BB Roadを訪れるのは今回で2回目。5月の連休以来、約半年ぶりとなる。

X10F1604.jpg
大沢温泉

BB Roadの金子氏はTriumph Daytona 675とひろネコと同じMoto Guzzi V7 Racerのオーナーでもある。(V7 Racerは奥さんに乗っ取られたようだが)
諏訪周辺ではもちろん都内でも見かけないV7 Racer。
初対面からV7で盛り上がったけど、今回もV7のネタで話が弾んだ。

X10F1612.jpg

X10F1617.jpg
ライダーハウスBBRoad(www.geocities.jp/bbroad_2001

X10F1625.jpg
松崎町

海沿いの国道136号線を右折。
県道59号線で仁科峠へと向かう。
陽の当たらない杉の山道はところどころ苔が生しているので、ラフに加速しようとするとリアがズルリと滑べる。
尾根まで上がって視界が開けると・・・

X10F1633.jpg
仁科峠

ここから西伊豆スカイラインを一往復。
アップダウンの激しいハイスピードステージにも拘らずV7 Racerの縦置きVツインはドリュドリュと力強く加速。

リアサスペンションのセッティングが功を奏して高速コーナーもいい感じ。
ほとんど貸し切り状態だし、あまりの気持ちよさにもう一往復。

X10F1637.jpg
戸田・御浜崎

西伊豆スカイラインを満喫してから県道411号線で急降下。
宇久須から国道136号線を北上して土肥。
いつもなら修善寺へ向かうところ、そのまま海沿いを走りたくて県道17号線に。

X10F1646.jpg
戸田漁港付近

時に浜沿いを、時に断崖絶壁の上を走る県道17号線。
タイトコーナーの切り返しも軽量なV7 Racerなら苦にならない。
「ドンキー」(ロバ) と呼ばれてはいても、公道では充分過ぎるほど速い。
何よりも楽しいのはスロットルをグイッ!と開けられること。
一段高めのギヤを使って3000rpmくらいから引っ張るとV7ドンキーは車体を震わせながら路面を蹴り上げる。

X10F1670.jpg
大瀬海水浴場

雲の上に富士山が顔を出す。
ここからは海の向こうに富士山を眺めながら西伊豆の海岸線をドリュドリュ。

X10F1675.jpg
大瀬崎

西伊豆の海は東伊豆よりも澄んでいる気がする。

X10F1676.jpg
重須 / 弁天島付近

単身赴任で来ている辰野は日本で最も海から遠いのでは?と思える場所。
普段はビーナスラインのような山岳ロードを走っているので、久しぶりに海沿いのワインディング・ロードを走るとこれまた爽快。
カミさんには「海の似合わない男」と呼ばれているけれど、それは海パン履いて泳いでいる姿のこと。

オートバイに跨ったままヘルメットを脱ぎ、水平線を眺めながら一服している姿を見れば、カミさんから見ても意外と海の似合う男なのではないか・・・と思ったりもするのだが、果たしてどうなんだらう?
思えば“あの頃”は似合う似合わないは別にして、そうやって海を眺めていたものだ。

Tは今でもCBに乗っているのかな?
彼が札幌に住んでいた頃は冬になるとアパートの縁側からベニヤ板を敷いた六畳間にCBを取り込んで越冬させていたことを思い出した。
何とも微笑ましい光景だった。


nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:アート

誕生日の誓い [日記]

今日、また一つ歳を取りました。

この日からタバコをやめようと思っていましたが、
朝起きたら無意識のうちに火を点けていました。

やはりアタシはダメ人間でした。

せめて本数減らしますかね。

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:アート

天津夜景 [日記]

X10F1413.jpg

今週は初めての天津出張でありました。
39階の部屋(バスルーム)から夜景を眺めるとちょっとセレブな気分に。

X10F1414.jpg

晩御飯を食べに行こうと外へ出たのはいいけれど、ホテル周辺は博物館や美術館、図書館や科学技術館といった文化施設ばかり。
上は銀河公園で見かけたカラオケ大会。
煌々と輝く街灯がスポットライトとなって盛り上がってます。

X10F1415.jpg

こちらはダンス。
上海をはじめとした都市部でよく見かける光景であります。


クソ暑かった先週の北京とは打って変わって何だか涼しい天津。
公園に集まる人民たちは一体どこから湧いてくるのか?
しかも皆さん自転車で来ているらしい。

大陸の庶民の足は自転車からオートバイ、オートバイから電動バイク、そして近頃では電動バイクから再び自転車が流行りらしい。
自転車はガソリンも充電も要らないから庶民にとっては有り難い乗り物。
スマホでシェアできる自転車もあり、必要な時だけ借りて乗り捨てできるのがミソ。


タグ:X100F
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:アート

清華大学 [日記]

X10F1371.jpg

久しぶりの北京出張であります。
クソ暑い中、大勢の観光客が来ています。

とにかく蒸し暑い!( ̄_ ̄;)こりゃたまらん

私も同行する二人の技術者もヘロヘロ。
ペットボトルの水は飲んでるそばから汗に変わってゆく感じ。
身体がビールを欲しているし、昼飯はまだだし・・・もう4時かよ。
というわけで、前面煤市街沿いにある「北京胡同烤鸭」になだれ込みます。

X10F1383.jpg

「北京胡同烤鸭」の烤鸭(いわゆる北京ダック)は一只168元(丸ごと一羽2,800円也)
最初に本体、後で頭と脚が出てきました。
燕京啤酒(燕京ビール)がこれまた旨い!
青島よりも濃くて、ひろネコ好みであります。

X10F1384.jpg

二日目、訪問先は泣く子も黙る清華大学であります。
門前には受験生と思しき学生たちとその両親や爺さん婆さんが見学に。
あまりの多さに大学関係者以外は立入禁止であります。

X10F1387.jpg

公園のような大学構内を歩いてゆくと・・・おお、ありました。
清華大学機械工程系の研究室であります。

X10F1390.jpg

今回の訪問先は摩擦学国家重点実験室。
出迎えてくれた若い助手さんに「C博士在吗?」(C博士はいらっしゃいますか?)と訊いたら「我就是C的」(私がCです)と言うのでビックリ!
“博士”だからてっきり威厳のある年配の人かと思ったら、何と33歳という若さ!
しかもなかなかのイケメン!

清華大学は中国の大学ランキングでは北京大学とトップを争う超一流大学。
その大学の博士と一緒に仕事ができるとは光栄の極みであります。
いやぁ、握手をする手に思わず力が入ってしまいました。

X10F1395.jpg

朝10時から午後4時まで昼食を摂るのも忘れて打ち合わせ。
お互い腹ペコなところで昼食とも夕食ともつかない食事は四川火鍋。
山椒の「麻」(Ma)と唐辛子の「辣」(La)で汗ダラダラ・・・( ̄▽ ̄;)
C博士が留学していた日本の東大の話など聞きながら、あっという間に2時間経過。

X10F1398.jpg

最後に出てきたのはC博士オススメの・・・さて、何でしょう????






答えは、次回!



タグ:X100F
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:アート

晩夏 [日記]

L1000210.jpg

ベランダを「じーっ」と見つめる我が家の五月(メイ)

L1000221.jpg

その視線の先には片羽がボロボロになったアブラゼミが一匹。
水たまりで身動きもせず。

雨ばかりだったこの夏もそろそろ終わりかな。


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:アート